よくある質問集

ワードプレスの設定

Q:WordPressの無料テーマでおすすめは何になりますでしょうか?

A:CocoonとLuxeritasが現状おすすめです。

Q:テンプレートsangoの記事下関連表示を「非表示」にしたいです。

A:

外観

カスタマイズ

sangoオリジナル機能の管理

関連記事(記事下)

記事下に関連記事を表示しない

上記の方法で非表示可能です。

Q:SANGOの購入方法はBOOTHとConoha Wingのどちらが良いですか?

A:Boothからの購入で構いません。

Q:SANGOですがALL In One SEO Packを入れた方が良いですか?

A:テーマがSANGOですとAll In One SEO Packがマイナスに働く可能性と細かい設定が必要になりますので、以下のプラグインでOKです。
Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
All In One WP Security
Autoptimize
Classic Editor
Contact Form 7
Google XML Sitemaps
Pretty Links
PS Auto Sitemap
Table of Contents Plus
WP Multibyte Patch

また、各WordPressテーマによってプラグインの相性(干渉する・しない)がありますので念のために

SANGO プラグイン 公式

このような形で導入時確認するようにされることをおすすめします。

Q:SANGOのサイドバーで必要な物はなんですか?

A:サイドバーは『検索』『カテゴリー』以外は全部削除して頂いて構いません。

サイドバーのカスタマイズは
外観⇒ウィジェット
で行います。

また、SANGOに限らず多くの場合、

例えばアーカイブなどは“意図しない内部リンク”になりSEO対策として影響を及ぼす可能性も考えられますので非表示をおすすめします。

もちろん、サイトの方向性やブランディングによって表示させた方がいい項目や状況もありますので、その際はご相談ください。

Q:プライバシーポリシーや運営情報は必要ですか?

A:作成した方がいいですね。

enologのプライバシーポリシー・運営情報を真似してください。

プライバシーポリシー

作成方法はこちらを参照ください。

Contact Form 7

Q:公開後にパーマリンクを変更する方法はありますか?

A:記事の公開後にパーマリンクを変更する場合はリダイレクトが必要になりますので、下記のプラグイン【Redirection】を使ってリダイレクト処理する必要があります。

 

『やり方』

①記事のパーマリンクを変更

②Redirectionをインストール⇒有効化

③ツール⇒Redirection⇒新しい転送ルールを追加

ソースURL:リダイレクト元となる相対URL

ターゲットURL:一致した場合にリダイレクトさせたターゲットURL

グループ:転送ルール

④歯車を押すと詳細設定が表示されるので以下の設定項目になっているか確認

一致条件:URLのみ

マッチした時:URLへ転送

次のHTTPコードと共に:301恒久的に移動

 

⑤同じ画面でソースURLに『元々のURL』、ターゲットURLに『新しいURL』を入力し転送ルールを追加をクリック。

(URLはhttps~~最後まで全て)

 

⑥設定が完了すると『saved』のポップアップが出現し、Redirectionの一覧に追加されます。

 

⑦旧URLでアクセスした後に、記事のURLが新しいパーマリンクに変更していれば成功です。

 

 

Q:中古ドメイン販売屋さんで購入したドメインがさくらインターネットでSSL化できません。

A:中古ドメイン販売屋さんでネームサーバーを変更してから反映に最大で2日間掛かる事がある為、情報が反映されていないままワードプレスをインストールするとSSL化ができないとのことなので反映されてからインストールするようにしましょう。

Q:SSL化した中古ドメインをリダイレクトする簡単な方法はありますか?

A:ペラサイト量産なら簡単な方法はプラグインを使う方法です。

『Redirection』を使って301リダイレクトを行ってください。

『やり方』

①記事のパーマリンクを変更

②Redirectionをインストール⇒有効化

③ツール⇒Redirection⇒新しい転送ルールを追加

ソースURL:リダイレクト元となる相対URL

ターゲットURL:一致した場合にリダイレクトさせたターゲットURL

グループ:転送ルール

④歯車を押すと詳細設定が表示されるので以下の設定項目になっているか確認

一致条件:URLのみ

マッチした時:URLへ転送

次のHTTPコードと共に:301恒久的に移動

⑤同じ画面でソースURLに『元々のURL』、ターゲットURLに『新しいURL』を入力し転送ルールを追加をクリック。

(URLはhttps~~最後まで全て)

⑥設定が完了すると『saved』のポップアップが出現し、Redirectionの一覧に追加されます。

⑦旧URLでアクセスした後に、記事のURLが新しいパーマリンクに変更していれば成功です。

Q:SSL化が出来ていないです。

A:エックスサーバーであればこちらのコンテンツを参考にしてください。

コンテンツ埋め込み予定

Q:サイトのSSL化をしたらサイトの表示が出来なくなってしまいました。

A:サーバーに戻って最初からやり直すと良いです。

Q:アフィリリンクを貼る際にnofollowリンクは入れたほうがいいのか?
A:弊社の場合は入れておらず、特にこれによりマイナスに感じたことは今のところはございません
Q:Site Lockout Notificationというメッセージが来ましたが何か設定は必要ですか?

A:こちらは『All In One WP Security & Firewallなどをすでに設定しており、不正ログインがされそうになってロックしましたよ』というメッセージです。

都度プラグインは最新のものを入れておきセキュリティレベルは高めておきましょう。

Q:モデレートしてください・ピンバックが承認待ちです。とメールが届きました。

A:『モデレートしてください・ピンバックが承認待ちです』というメールは、ブログにコメントやトラックバックされた事を承諾するか知らせ確認する通知です。

対応方法は以下の通りです。
①承認
②ゴミ箱に移動する
③スパムとしてマークする

判断基準は例えばコメント欄に関係の無いスパム的な内容を知らされている場合は『③スパムとしてマークする』

また別のサイトに自分のURLを紹介されている場合も通知が来ますが、こちらはトラックバックを承認すると相互リンクの状態となり、状況に応じてメリットデメリットが変わります。

ただ、スパムが明らかに多いと感じた場合はAkismetというプラグインを導入し事前に予防することも可能です。

→ 参考:https://bazubu.com/akismet-23841.html

アナリティクス・サーチコンソール

Q:アナリティクスのトラッキングIDをGoogle Analyticsの設定に張り付ける際に「アクセス解析にgtag.jsを使う」というチェック項目がありますがチェックをいれますか?

A:チェックは入れなくてOKです!

Q:サーチコンソールとアナリティクスの設定で『wwwあり』で設定してしまいました。

A:『www』なしで再登録してください。

Q:サーチコンソールで検索キーワードを調べる方法

A:サーチコンソールで検索キーワードを調べる方法は以下の通りです。

①検索パフォーマンスを選択
②『クエリ』が検索キーワードになるので、そちらにあるキーワードを確認となります。

URLを検査に記事毎のURLを入れますと、その記事へ流入しているキーワードを調べることが可能です。

アドセンス関連

Q:アドセンス記事のコピペチェックでテキスト判定でコピー判定が出てしまいます。

A:コピペチェックは一致率を20%以下になるようにしましょう。

また、テキスト類似度は以前チェックをした記事が同じ記事ですとコピー判定になりますので、影響されないシークレットモードでその都度チェックを行うようにしてみてください。

Q:アドセンス合格後はまず何をすれば良いですか?

A:アドセンス合格後はアドセンスの設置になります。

1:アドセンス管理画面へアクセス
2:画面左側「広告」→サマリーをクリック
3:新しい広告ユニットの作成で「ディスプレイ広告」を選択
4:画面左上「広告ユニット名を記載」。画面右側「広告サイズ」はレスポンシブ。→作成をクリック

するとコードが表示されますので以下の解説を参考に設定してみてください。

AdvancedAdsの使い方!WordPressでアドセンスや広告を記事上に自動で設置・表示させる方法


また、自動広告はオフでOKです。

Q:アドセンス合格後の記事作成はどうすれば良いですか?

A:まずはアクセスを集めていく必要がありますので、とにかく毎日記事を書いてキーワード選定と記事の執筆スキルを高める必要があります。

ある程度アクセスが集まるようになってきたら(最低2,000PV)
アフィリエイトをしていきましょう。

その為、下記のコンテンツを見ながら記事を書いてみてください。

添削が必要な時は添削に必要な『記事URL』『狙ったキーワード』を添えて作業報告で提出してくださいませ。

(基本的にはトレンド性のあるネタを選定して、とにかく短期で良いのでアクセスを集めてください。)

Q:アドセンスの設置や設定方法は?

A:アドセンスは基本的に各見出し(H2)の上に設置します。

詳しくはこちらのコンテンツで解説しているので参考にしてください。

 

Q:アドセンス取得時で1日の記事投稿数は複数記事でも問題ないでしょうか? いつのタイミングで投稿したらよいでしょうか?

A:「1日1記事投稿で」というのはあくまで目安であり、更新頻度を最低限維持して検索エンジンにアピールするためにお伝えしているものとなります。

投稿記事数に決まりはなく、スパム的でなければ大丈夫です。

(スパムとは、短期間に大量の動作を起こすことを指します。)

 

また、トレンドを狙っている記事は書いたら投稿しましょう!

キーワード選定

Q:速報・短期ネタでアクセスが来るようにするためにはどのようにしたらいいですか?

A: 時間の経過とともに、情報が露出され認知度・検索意図が変わります。

実際に検索窓でキーワードが変わっていくこともありますし、そこに対応しているブログをチェックしておくと具体的にわかります。

例えば、

●https://kosodate-no-kamisama.com/
→エアリズム関連の記事が1日で3つアップされています

●https://luminamama.com/
→これもエアリズム関連の記事が1日で3記事

エアリズムマスク販売前は検索窓のキーワードが「いつ」「何時」「予約」などのキーワードが上がっていましたが、販売開始後は「つながらない」「買えない」に変わっていました。

こうした「トレンド×複数記事」を「キーワードや情報の露出・認知の変化」とともに追いかけるのが短期ネタを最大化させるポイントになります。

Q:中期の季節系キーワードは、何ヶ月前からサイトに仕込んでおけばいいでしょうか?

A:早ければ早いほどいいです。 最低でも3ヶ月以上前に仕込んでいただくのがおすすめです。

Q:「●●,●●,●●」の3語キーワードを狙った記事ですが昨日4位に上がって喜んでいたのにその後7位で落ちてしまいました。 順位は入れ替わりが激しいんでしょうか?

A:検索順位は相対評価で決まり常に入れ替わりますので、たった1日でも順位変動することは普通です。

Q:キーワードを決めて記事作成を行っている時に「前に書いた記事」と少し似ているキーワードが出て来る時があるのですが、内容を少し変えて記事作成を行ってもよろしいのでしょうか? それとも前に書いた記事をリライトする方がよろしいでしょうか?

A:内容が似るということは検索意図が同じ可能性があります。

となるとサイト内で同じようなものを書いてもよくないので、前に書いた記事をリライトしていきましょう!!

Q:キーワードを詰め込んでいる記事が上がっているのですが、同じように狙った方がいいですか?

A:基本的には

・1検索意図1記事

ですが、

・速報系=新しいキーワード:検索意図が「何?誰?」と大きな括りの1つになることが多い→割と網羅型になることが多い

・認知度が上がってくる→誰?とか何?ということがわかり始めると、検索意図(検索キーワード)が細かく分かれ始める→検索意図ごとに1記事ずつ

といったように「需要と認知度に合わせて対応する」という認識でお願いいたします!

Q:トレンドブログは芸能や季節系などリアルタイムなど丸ごと1つのブログで記事にしますか?

A:最初はリソースも限られているので、最初は1つのサイトで運営していきます。

ただ、事件などのポシリー違反に引っかかるものは絶対に扱わないという方向で現状進めていただき、都度気を付けて運営者として正しい情報や理念を大事にしていきましょう。

Q:1語での検索ボリュームがあっても、2語にするとボリュームが下がる2語KWは記事作成せず、違うKWをさがすべきですか?

A:新規初期ブログ、雑記ブログの場合でチャンスが大きいものは「メインキーワードで月間平均検索ボリューム20万以上」のものになります。

つまり、そのメインキーワードの人物や事象に対する需要が一定数以上ありますので、検索される機会がそれだけ多いことになり、その中でライバルの弱いキーワードが多い・見つけやすいということになります。

そもそもの

・母数が多い
・窓口が広い

といったイメージです。

その際に2語キーワードで検索ボリュームが下がってしまう場合は問題ございません。

Q:ライバルが弱い・ズラシ・季節がわかりません。

A:例えば「梅雨入り」というキーワードはライバルが多く強いですが、ではこの梅雨入りを持って気になることはどんなことでしょうか?

・洗濯物を早く乾かす方法・アイテム・それらを連想するモノ(キーワード)
・生乾きの匂いをなくす方法・アイテム・それらを連想するモノ(キーワード)
・そういった知識が豊富な人物
・関連するTV番組

などなどダイレクトに狙わず、外から“限定して(絞り込んで)”アプローチしていきましょう!

また、『可能な限り絞り込んでいく』ということも重要です。

例えば、

「約束のネバーランド 海外ドラマ」

は速報的に出現したキーワードであり、その際に瞬発力はとても重要になってきます。

この中で検索意図としては「配信決定で何?」というところが必要でしたので、実際にニュース系のサイトと同じ攻め方では後々完全に抜かれてしまうことがほとんどでしょう。

「台風」

などで“すらし”や“ライバルが弱い”ところを“限定して(絞り込んで)”狙うのであれば、

台風8号 2019 県名 それた その後 経路(台風8号2019は県名からそれた?その後の経路を解説)

台風8号 2019 県名 過ぎた その後 進み方(台風8号2019は県名は過ぎた?その後の進み方を解説)

台風8号 2019 県名 台風 いつ来る いつから いつまで(台風8号2019に県名はいつ来る?いつからいつまで?)

台風8号 2019 県名 非常に強い 風速 最大 ブロック 飛ぶ(台風8号2019に県名はい非常に強い?風速最大はいくつでブロックは飛ぶ?)

台風 テンション上がる わくわく わかりやすく 理由(台風にわくわくテンション上がる理由をわかりやすく解説)

台風 何月から 何月が多い 日本 多い 2019(台風2019は何月からで何月が多い?日本は多いって本当?)

台風 やばい 物置 倒れる ガラス 割れる 2019(台風2019はやばい?物置が倒れるしガラスが割れる?)

※県名は大阪・東京・沖縄、需要が高い県名を狙います。

全てにおいて、

県名

を入れると、調べるユーザー数が減りますが、ライバルが弱くなります^ ^

他にも、

●●セール2019いつからいつまで?~~~~~

場所名●●セール2019いつからいつまで?~~~~

●●セール2019冬福袋の中身は?予約開始いつからいつまでまだ間に合う?

※時間とか期間が気になるキーワードに対する「いつから」「いつまで」はライバルが弱いですね。

 

Q:トレンド・速報ネタになるメディアはありますか?

A:週刊誌やTVネタもオススメです。

コンビニなどに出たばかりの商品や、レジ横の商品、知名度の高いカフェやファーストフードの新商品や限定商品はトレンドとして捉えることができます。

また、週刊誌の細かいネタはライバルがいないこともありますし、TVネタは仕込みが可能です。

こちらにポイントを補足していきます。

・深夜番組はおすすめ!
・ゲスト系の番組はおすすめ!
・TV番組+お店の名前(グルメ)

→ 番組が始まったらアクセスが期待できる。3語目には「アクセス」「メニュー」「営業時間」等入れてもいいでしょう!

テレビ欄にはお店の名前は出ていないことが多いですが、番組宣伝のYouTubeなどに看板が映っていることがよくあります。

TV番組は短期間でどれくらいアクセスが取れるかすぐわかるのでごちゃまぜで上位表示の練習ににはおすすめです。

■テレビネタでチェックしておきたい番組

めざましテレビ
とくダネ!
バイキング
グッディ
ミヤネ屋
ニュースゼロ
アウトデラックス
水曜日のダウンタウン
ワイドナショー
追跡バスターズ(特番)
やりすぎ都市伝説(特番)

 

これらはほんの一部ですので最低限、

こちらでお伝えしているネタ元は抑えておきたいところです。

Q:ゲスト系の番組や週刊誌ネタが先仕込みでオススメとありますが、イニシャルだけで隠している場合や番組を見る前にわからない時のタイトルはどうすれば良いですか?

A:番組欄などで『大物芸能人X』になっている場合は、そのまま大物芸能人Xで記載しましょう。

番組放送後に正体が判明したら記事をリライトしていくイメージです。

Q:マスクや健康について記事を書いてみましたが無理でした。

A:『マスク皮膚炎 対策』など健康についてキーワードは『YMYL』という領域になる可能性が高く、上位表示が非常に難しいのでこの手のキーワードは狙わない方が良いです。

YMYLは他にも以下のようなジャンルが対象です。

・金融(投資や保険などを扱うサイト)

・医療・病院関連・緊急時に使用するサイト

公共サービス・法律など

・国際問題や政治など重要な問題を扱うサイト(エンタメやスポーツは対象外)

 

このように信憑性の欠ける情報だとユーザーにとって問題となるジャンルは特に厳しい基準の評価になります。

Q:記事のテーマやキーワード選定に時間が掛かってしまいます。

A:テーマ決めですが、ある程度基準を落してもいいので時間を15~20分程にしてしまい、記事のライティングに集中していきましょう。

Q:漢字・カタカナなど意味は同じで別表記の時にタイトルに選ぶ基準はありますか?

A:キーワードをライバルチェックする際に、漢字をカタカナで入力したりするとランキングが変動する事がよくあります。

1:検索ボリュームの多い方へ寄せる

2:あえてライバルが弱い方へ寄せる

3:意図が違う場合は別記事へ

 

上位表示を目指すのであれば②のライバルが弱いキーワードに寄せることがオススメです。

サイトメンテナンス・リライト

Q:投稿した記事をサーチコンソールでURL検査をかけても、キーワード検索しても出てこないのはなぜなのでしょうか。

A:「site:URL」

こちらで検索をかけてみてください。

それでインデックスされているかどうかはわかります。

されていて検索結果から探せない場合は下位表示ということになります。

また、新規ドメインに関しては、検索エンジンに認識されるまで時間がかかります。

一定の頻度で更新をして、認識されやすくなるまで2〜3ヶ月ほどかかると思ってくださいませ。

この期間を可能な限り早めるために

・短期ネタ
・安定ネタ(中長期)
・季節ネタ

をバランスよく狙っていくといいです。

Q:記事を修正したら圏外に飛んでしまいました。 急いで元に戻しましたが戻ってこないでしょうか?

A:検索順位は相対評価もあり、常にインデックスに影響を与えております。

また、初期ブログの場合は

評価されにくい傾向がありますので”よくあること”だと認識して頂き淡々と作業を進めてくださいませ。

リライトをしていくことや、サイトの評価がつくことで戻ってくる場合もあります。

Q:サイトメンテナンスの際に記事を削除するときの判断基準で、一日に一桁でもアクセスがある記事などはどのように対応すべきでしょうか?

A:「この先需要はあるのか」「リライトして上位表示可能なのか」

を中心に検討してみましょう。

そもそも需要がないものに作業しても時間がもったいないのと、

リライトする価値のあるコンテンツで上げようがない場合は、多少キーワードを変えられないか? ずらせないか?を検討してみてください。

Q:ドメインを強くすれば記事は上位表示しますか?

A:検索の順位は常に変動し1,000以上のアルゴリズムでの相対評価となりますので必ずしもとは言えませんが、ドメインの強さが強く影響するジャンルやキーワードもありますので、その観点からもライバルチェックが必須となります。

Q:内部リンクを貼る時のやり方や意識する事はありますか?

A:内部リンクの基本を理解すると検索エンジン上で狙っているキーワードで上がりやすくなっていきます。

また、基本はテキストリンクでキーワードを狙いながら関連度の高い記事へ飛ばす事を意識してください。

※内部リンクは「同じタブで開く」ように設定をお願いいたします。(動画では「新しいタブで開くで設定」とお伝えしてしまっていますが、現状のスマホユーザーの使用感(UI)を考えると同じタブの方がいいでしょう。

Googleは内部リンクの評価を実際の内部リンクのCTRでみていますのでクリックされない内部リンクは評価されません。

■A記事からB記事へ内部リンクを送る場合

内部リンクのアンカーテキストとして「タイトルをそのまま記載して送る」というのもいいですが、まずは以下のことを意識してください。

①アンカーテキストにA記事のKWとB記事のKWを上手く入れてアンカーテキストをつくりAとB記事の関連性を示す。(意味が通らない場合は「タイトルをそのまま記載)

②アンカーテキストのクリックをされやすいようにアンカーテキスト前に短い誘導文を入れる。

③ユニット記事化してゆく。

これらによって内部リンクのクリックからページ遷移率(CTR)をあげることが可能です。

そして実際のリンククリックによるページ遷移が増えると内部リンクの評価が上がると考えられます。

Q:記事を追記したり修正した際に、URL検査は毎回行いますか?

A:リライトした際に、公開日時の再設定とURL検査は毎回行ってくださいませ。

Q:Noindex(ノーインデックス)と削除はどちらを行うべきですか?

A:今後使用する見込みの無い記事はサイト内から削除でOKです!

サイト内のデータが軽い方が良い可能性があるという仮説もありますので。

理屈上は削除とNoindexに差異は無さそうです。

ASP関連

Q:ASPによっては同じ商品でも成果確定方式が異なり「全承認」、「手動」とあるのですが、 こちらの違いは手動承認の方がハードルが上がるのでしょうか?

A:全承認は発生したら必ず報酬がもらえるので絶対的に全承認案件の方がおすすめではあり、手動承認は、承認作業を行なって確定かキャンセルか判断するので確定率に委ねられてしまい、だいたい80%とかくらいに落ち着きます。

全承認案件
100件獲得×報酬2000円=20万円(確定)

手動承認案件
100件獲得×報酬2200円=22万円(発生)

22万円(発生)×80%(承認率)=196000円(確定)

という感じで、発生では下記の方が単価が高いので報酬が高くなるように見えますが、実際には全承認の方が確定報酬が大きくなります。

SNS関連

Q:ツイッターで相互フォローで増やしていく場合は同じ属性をフォローするといいとのことですが、同じような○○まとめなどトレンドまとめサイトの運営アカウントではなく、個人で属性が同じアカウントでしょうか?

A:我々がアプローチするのは実際に記事を見てくれるであろうお客様です。
そのため個人で属性が同じようなもの、例えば韓国アイドルの記事を書いているのであれば韓国アイドルが好きな個人をフォローしていくことがおすすめです。

Q:実際にツイッターでフォローを増やしていくのは、投稿が始まってからのほうがいいですか?

A:その認識で大丈夫です。投稿がない状態でフォローしていくと凍結してしまう恐れがあります。

Q:作成した記事をTwitterではどのように投稿すればいいのでしょうか?

A:

Twitter公式サイトからアカウントを作成し、

ハッシュタグ(狙っているキーワード)→#

をつけつつ、何かひとことつぶやきながら記事のURLを挿入しましょう!

イメージとしてはこのような形です。

ハッシュタグをツイート内で使う場合は、#の前に必ず半角スペースを入力するか、改行して使わなければいけません。「#◯◯◯」の前後に半角スペースがあれば、使う場所はどこでも構いません。

Q:他人のTweetを自分のブログに掲載するのは問題ないでしょうか?

A:基本的にはTwitterのプロフィールで「転載禁止」「投稿をブログに掲載しないでください」などの記載がない場合は使用可能です。

https://twitter.com/ja/tos#update

こちらに規約がありますのでご確認のほどよろしくお願い致します。

ちなみに、「Twitterの画面をスクリーンショットで撮って、その画像をブログに貼るのはNG」です。ツイート自体は著作者、つまりツイートした本人のものです。このツイートはTwitterを介すことによって、他のサイトなどで表示させることが許されています。

そのため、Twitterの機能を利用せずに使う行為は著作権に違反してしまうことになりますのでもし引用したいときは、「ツイートの埋め込み」機能を利用しましょう。尚、鍵付のアカウントのツイートは、埋め込むことは出来ません。

Q:Twitterへ投稿する件数の制限などありますか?
Q:商標サイトでインスタグラムの画像は使用可能ですか?

A:インスタグラムは今の所グレーですが、海外の判例だとインスタ側が著作権違反と判断したケースがあるので日本でも最終的にはそうなるかと思います。

中古ドメイン

Q:中古ドメイン販売屋さんで購入したドメインがさくらインターネットでSSL化できません。

A:中古ドメイン販売屋さんでネームサーバーを変更してから反映に最大で2日間掛かる事がある為、情報が反映されていないままワードプレスをインストールするとSSL化ができないとのことなので反映されてからインストールするようにしましょう。

画像・著作権関連

Q:歌詞をブログに載せるのは大丈夫ですか?

A:歌詞をそのままブログに載せてしまうと著作権侵害になります。

載せる場合は細かい引用のルールがあるので詳しくはJASRAC公式サイトを参照してください。

また、Twitterに記載された歌詞を埋め込む方法なら、今の所は、ブログ運営者が著作権侵害で問われる心配がないので、歌詞を紹介・解説する場合はTwitterを利用するようにしましょう。

ただ、著作者や運営元が掲載を拒否している場合は、Twitter投稿の掲載でも著作権について問われることがあり、またTwitterなどの各プラットフォームの規約も都度変更になることがありますので自己責任で確認するようにしてください。

Q:フリー画像はどのサイトで集めれば良いですか?

A:画像はネットの画像は著作権があるのでこちらのサイトにあるフリー画像を活用くださいませ。

https://www.photo-ac.com/
https://pixabay.com/ja/
https://www.pakutaso.com/
https://pro-foto.jp/

また、画像や著作権に関しては

こちらを確認しておいてください。

被リンク

Q:被リンク・リンク営業とは何ですか?

A:被リンク戦略とは外部サイトから自サイトへ向けられたリンクの事を指します。

サイトのSEO評価にも大きな影響を及ぼしており、被リンクの質と量が重要視されています。

リンク営業で被リンクを獲得するには以下のような方法があります。

 

・関連のあるブログやサイトへ掲載依頼(1記事1,000円~)

・寄稿記事を活用する

・知り合いのサイトから被リンクを受ける

 

詳しくはこちらのコンテンツをご参照ください。

 

コンテンツ埋め込み予定